情熱の薔薇が聴きたいって言う子供の純粋な気持ちにさえ気づくことが出来ないIT美容師ウルマ


こんにちは。
今朝幼稚園に向かい歩いていく途中から、
行きたくないとなりその原因が
なんだったのかを知れるようになりたいウルマです。

ウルマ

キッカケは耳が寒そうだったから、
ヘッドホンをつけてあげた後に、
音楽を流さなかった事がその理由でした。

僕はコミュニケーションをとる際に、
言葉を使うんのですが、
その言葉の選択の仕方によって、
互いにイメージする事がずれることって
多いにあるのを体験しました。

今回は、僕が40になり、
子供の気持ちがわからなくなってることも、
コミュニケーション力不足の理由にある気もします。

子供が抱く思いと、その後に来る行動には、
【やりたいからやる】という、
それ以外のなにものでもない
素直な気持ちが大きく存在してると思います。

僕も見習って、自分のやりたいことに、
素直に挑戦し続けることで、そんな子供ごころを、
もっと理解できるようになりたいです。

そうなるために僕にあってる方法が
昨日あたりからやっと明確になってきました。

それは、今思ったこと、今思ってることを
そのまま発信するってことでした。

これは、人によって違うので
誰もがそうだとは言えない話ですが、
僕にとっては非常にしっくり来ることに
昨日、メンターにコンサルを受けていて
気づかされました。

なかなか自分だけだと気づけないことも多いんですが、
自分で限界まで試行錯誤した後に、
相談しにいくようにしてるんですが、
そうすることで、客観的で的確なアドバイスを
もらうことが出来ると思っています。

これ結構、ポイントで
自分で試行錯誤する前に相談に行くと
まず、そもそも相談することが生まれてこないんです。

だから、いただけるアドバイスも当然、抽象的になります。
それはそうですよね。

自分のビジネスなので、自分で考える必要が当然だということに
経験を通して気づいてからは、まず実践あるのみスタイルに変えました。

そうすると、そこに試行錯誤が発生します。
するとどうでしょう。

自分が乗り越えたい壁をすでに
乗り越えた経験のある人の
超具体的なアドバイスをもらうことが出来ます。

すると、自分の挑戦が加速します。きっと

今日から2月。

今月もテーマを決めて前進したいと思います。

IT美容師ウルマ

PS

自分がワクワクして、挑戦してみたいと思っているのに、自分には無理だと、出来ない理由をあれこれ持ってきては自分で、自分の可能性を閉じ込めていた僕は、何言ってんだあいつとか、誰かにどう思われるかとか、まわりに対してどう映るか?という、正しいことを基準にして、物事を判断する事が多かった人間です。

そんな自分を変えたいと思った時に学んで、やってみたことは、正しいことから、行動するんではなく、自分が楽しいと思うことを基準にしてやってみるっていうことでした。

今思うのは、それって子供ごころ同じなんじゃないかと感じます。

これやったら楽しいだろうな、って思うことをするだけ。だから、【ヘッドホンつけたら音楽聴きたい!】ってそりゃ思うよね。

次からはしっかり手をつなぎながら、ヘッドホンつけて、ブルーハーツの「情熱の薔薇」聴かせてやろうと思います。

======

永遠なのか本当か 時の流れは続くのか

いつまで経っても変わらない そんな物あるだろうか

見てきた物や聞いた事 いままで覚えた全部

でたらめだったら面白い そんな気持ち分かるでしょう

答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方

涙はそこからやって来る 心のずっと奥の方

なるべく小さな幸せと なるべく小さな不幸せ

なるべくいっぱい集めよう そんな気持ち分かるでしょう

答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方

涙はそこからやって来る 心のずっと奥の方

情熱の真っ赤な薔薇を 胸に咲かせよう

花瓶に水をあげましょう 心のずっと奥の方

======

PPS

こたえはきっと心の奥の方にあるはずだ笑

 

 

IT美容師ウルマって誰?

 

IT美容師ウルマこと宇留間 祐介。

1978年鎌倉生まれ。

 

 

幼い頃から祖父のことが

大好きな子供でした。

 

典型的なA型代表で、

動物占いはたぬき。

 

 

小学生ではあぶない刑事にはまり

将来の夢は刑事。

 

 

中学から高校まで

ソフトテニスに6年間ささげ

最後の夏はキャプテンとして

インターハイに補欠で出場。笑

 

20歳の時はサーフィンに憧れて

台風の翌日に稲村ガ崎で

初サーフィン。

 

沖に出たけど戻れず、

波に巻かれてもう少しでアウト!寸前。

 

その日でサーフィンを諦め

美容学校に真剣に

取り組み始めた19歳の冬。

 

当時、カリスマ美容師ブームのど真ん中。

木村氏主演のドラマ

シザーズリーグ、、、

なりたい職業男女共に

1位が美容師というミラクルを体験。

 

そんな中

ACQUAに一目惚れして

毎週ラフォーレの裏にあった

噴水の前まで、見学に通い詰める。

 

ACQUAで過ごした

切磋琢磨の時間が

美容師人生の宝物。

 

当時から、これと決めたことに

全力で挑戦して経験し

それをシェアするのが喜びでした。

 

その後、29歳の時に

ひとりサロンで独立。

独立して10年を超え、、、

現在は神奈川県で妻と子供たちと

暮らす美容師です。

 

 

もうすぐ100歳の

理容師の祖父に憧れて

100まで現役を目指しています。

 

今では

・週休3日で

・家族との時間を楽しんで

いますが

以前は1日16時間働いて

休みは週にたった半日の

どん底労働美容師でした。

 

 

忙しい毎日のため

*子供達と遊んであげられない

*妻との時間もない

*趣味の時間など全くない

 

自由になりたくて独立したのに

正直、忙しすぎる現状に

疑問を感じていました。

 

本当は美容師しながら

★もっと子供達と遊び

★妻とデートもして

★キャンプや旅行に行く

という予定でしたが

頑張れば頑張るほど

不自由になっていることに

ここで気づきました。

 

しかし

家族を養っていくには

毎日、毎日、16時間以上

働き続けるしかなかったのです。

そんなある日の朝でした

==========

突然の激しい頭痛で倒れ

1週間入院。

==========

仕事ができなくなった事で

とてつもない不安に

襲われました。

 

「これまで通りの働き方では、

いざという時、家族を養えない」

という恐怖を感じ

「新しい働き方が必要だ!」

と、強く思いました。

 

 

さっそく僕はサロンワークの合間で

WEBマーケティングを学び発信することを始めました。

 

そうして出来たのがこのブログ・・・

美容師しながら週休3日で家族との時間を増やす

IT美容師の働き方しくみはこちらから

コメントを残す