こんにちは!IT美容師ウルマです。

美容師史上最強の働き方戦略とは?

副業初心者の美容師でも、あなた独自の「商品」と WEBの「仕組み」を作ることで、 毎月10万円~50万円の価値をサロンワークとは別に生み出すことが出来る。得意なことを商品にして、WEBの仕組みでマーケティングする、美容師の新しい働き方、それが美容師史上最強の働き方戦略です。

これまで私自身がひとりサロン美容師として実践してきたことを例に美容師史上最強の働き方戦略の内容をご紹介していきます。

まずはじめに私のことを知らない方がいると思うので簡単な自己紹介をさせてください。宇留間祐介と申します。ひとりサロン歴が12年になる美容師です。私が今回ご提案する美容師史上最強の働き方戦略とは、簡単に言えばサロンの売り上げに依存しないようにして「商品」と「商品を売る仕組み」を作ることです。

もしかすると、「ひとりサロン美容師なのになぜサロンの売り上げに依存しちゃいけないの?」と疑問に思われるかも知れませんが、それは全くの逆なのです。ひとりサロンだからこそ、サロンの売上に依存するのは得策ではないのです。どういうことかご説明しますね。サロン業界で売上を伸ばすには、大きく2つの選択肢がありますよね。・単価を下げて集客数を上げるか・単価を上げて集客数をある程度セーブするかというものです。しかしこの2つの選択肢は、どちらにしてもひとりサロンに不利なのです。なぜならサロンメニューについては単価を下げた場合はもちろんのこと、単価を上げたとしても必要な集客数が劇的に減るほどの値上げをするのは難しいからです。必要なお客さんの数は単価を上げたとしてもどうやったって多いのに裁けるお客さんの数にはひとりサロンだからどうやったって限界がある。単価を上げたとしても多くのお客さんが来なければ売上が上げられないのにお客さんが多すぎても結局接客できなくて売上にならない。しかも店舗の固定費などの金銭的負担も、経理作業などの時間的負担も、全てひとり持ち。

つまり、ひとりサロンであることは、自分としては好きな仕事でも、ビジネス的に見れば消えないハンデであって、それを巻き返し続けなければいけないという状態に確実に陥ってしまうのです。そんな状態でサロンワークの売上に依存してしまうことは明らかに得策ではないですよね。だからサロンワークとは別に収入の柱を作りサロンワークの売上に依存しないようにすることが美容師史上最強の働き方戦略になるんです。ちなみに、「戦略」というのは、「そもそもどの土俵で戦うと売上を上げやすいのか?」と考えて土俵自体を選ぶことです。「今の土俵の上で、どんなテクニックを使って売上を上げるのか?」といった小手先の手法ではありません。

「土俵」という言葉が出たので相撲を例にしてみたいと思いますけれども、単純に勝ち負けを競う相撲であれば、大企業という横綱がいる土俵にわざわざ上がって潔く負けるのも、ある種男らしいと言えるかもしれません。しかし、ビジネスは相撲のように「あなたが勝ったら相手が負ける」わけではなくて、あなたがちゃんと勝てば、あなたの大切な家族も勝ち、お客さんも勝つ、という性質なんです。だから、今の土俵で、横綱相手のハンデ付きの勝負に固執するのではなく、あなたが勝ちやすい土俵を選ぶ、つまりより良い戦略を取ることが必要なんです。そういう理由があって、今回、ひとりでも仕事する美容師にとって一番良い戦略としサロンワーク以外の収入の柱を作る方法をご説明しているということなんです。

サロンワーク以外の収入の柱を作ることによる5つの魅力

1)時間とお金に余裕が出来る。労力と時間を掛けなくても売上が上がる仕組みによって、 ひとりサロンの様々な悩みの根源である「時間かお金かという究極の2択」が一気に解決。

2)新しい技術の習得は基本的に不要。今までの経験や得意なことを活かしてもらえば大丈夫。必要なことは教えます。

3)独自のブランドを確立できる。なぜならあなたの経験が商品になるからです。

4)マーケティングの本質をマスターできる。なぜならこの講座で作る「仕組み」が商品を売るためのマーケティングの本質を含んだものだからです。お勧めはしないが、もちろんサロン集客にも応用できる。

5)理想のサロンを実現できます。なぜならサロンワークの売上に依存しないからです。

ここまで、サロンワーク以外の柱を作ることの5つの魅力をご紹介しました。

美容師から聞く多くの悩みとは?

ここで、皆さんのお悩みをたくさん頂いているので、僕なりにまとめてご説明しますね。

<悩み事例1>

サロンのメニューには自信があるけれども、その他のことになると集客のこともよく分からず、 サロンワークのために毎月高い広告費をつぎ込んでホットペッパーに集客を頼るしかない。そしてお客さんが増えたぶんお金は増えるが時間は減る。仕事自体は好きでやっているから楽しいはずなのに、 たくさん働いても生活は苦しい。しかし、そこから抜け出すために 何か始めようにも 忙しくて時間がとれない。こういう方は本当に多いですね。切実な悩みだと思います。サロンワークの売上に依存してしまっているのでサロンにたくさん集客しないといけなくなり、ついでにビジネスのことも分からないからホットペッパー頼りになって広告費も高く付いてしまう。また、同じくサロンワーク売上依存なのでサロンの仕事自体は好きでやっていてもお金か時間かの二択を迫られ続けて余裕がなくなってきてしまう。そしてサロンワーク売上依存なので、サロンでたくさん働かなければならず、時間がなくて新しいことにチャレンジしにくい。このサロンワーク売上依存を脱するためにも時間が必要なのが難しいところですが、ここで少しずつでも依存を脱する努力をしないと、一生この状態が続くことになります。サロンワーク以外の収入の柱を作るためには「商品」と「仕組み」を作ることが必要ですが、このどちらも、自分でやればほぼ無料で出来ますし、まとまった時間が必要なわけでもないのでサロンワークのスキマ時間にでも作業を進めることが出来ます。なので、「時間がない」「お金がない」と言い訳して結果的に自分をどんどん苦しめてしまう必要はありません。ただ、1人で最後までやりきることはなかなか難しい面もありますので、環境や一緒に取り組み仲間の存在は欠かせません。では次のお悩みに行ってみましょう。

<悩み事例2

ひとりで経営するので手っ取り早く売上を伸ばそうとすると、「営業時間を延ばして接客人数を増やす」という選択肢くらいしか考えつかない。しかし、もしも長時間労働で体力の限界を迎えてしまうと倒れた時にお金も時間もなくなってしまう。このままでは何も変わらないのはわかっているが何をすれば良いのかわからないからずっとこの状態をキープしなければならず今も辛く、将来はもっと不安。これはまさに僕が経験したパターンです。サロンワーク売上に依存しているから、 売上を伸ばそうと思ってもすぐ限界が来て、逆に働けなくなってお金も時間も失ってしまったということがありました。何か行動しなければ こうした状態から脱することは一生不可能と頭では分かっていても「何をすれば良いか分からない」とか「忙しい」とか「お金がない」とか 様々に言い訳してしまい、先延ばしにして、結局辛い状態が一生続く。 これらの悩みの原因はハンデを抱えているひとりサロン美容師なのに、サロンワーク売上に 依存してしまっていることだと、感じて頂けたと思います。なのでこうしたあなたの悩みを解消するためには、 サロンワーク以外の収入の柱を作ってサロン売上依存状態から抜け出すことが 絶対条件になります。ここまで私のメルマガに届く美容師の皆さんのお悩みを僕なりに簡単にまとめて見てきました。

美容師がサロンワーク以外の収入の柱を作る時の勘違い

今までサロンワークしかやってこなかったのに、サロンワーク以外でお小遣い以上の収入を得ることなんてできるのか不安だ。→これに関していえば、自分自身の価値に気付いていないだけです。WEBの仕組みを使えばあなたの経験を必要とする方に出会うことが可能です。

今までのやり方が楽な気がするし最強の戦略を知らなかったから、そしてサロン以外のことを教えてくれる人もいなかったし、学ぼうともしなかったから今日まではハンデを負いながら戦うしかなかったですよね。でも今日からは美容師史上最強の働き方戦略を学び実践することができるため、ハンデを取っ払って理想のサロンワークができるようになります。

ちゃんと美容師やれよ職業に固執。ここまで古い価値観の人がいるかはわかりませんが、今は情報革命新時代です。しかし、どうしてもサロン収入に依存したいなら私には止められませんが、ひとりサロンオーナーの方の苦しさを知っていたら、そんなことをお勧めすることはできません。

ここまで話を聞いてくだされば、おわかりになっていただけるかと思いますが、そもそもサロンへの集客やサロンの売上ばかりを考えて、収入をサロンに依存しようとすること自体が、時間とお金と体力を無駄に使ってしまい、どんどん身動きが取れなくなっている原因。もしかすると「それでもサロンの売上を上げる方が安心できる」と思ってしまっている方も いるかもしれないので、サロンワーク売上の限界について試算してみました。 客単価7000×集客数毎日5体力限界 ×営業日数280日 =売上980 数字はちょっと違うかも知れませんが、だいたいこれくらいがひとりサロン美容師として体力的にギリギリ倒れないラインで続けて稼いでいける額に近いのではないかと思います。

しかしこの方程式の土俵の上で戦ってしまうと、単価を上げれば客数が不安、客数や営業日数を増やせば時間と体力の限界にぶつかりどこかでぶっ倒れます。しかも毎日5人のお客様が来るとも限らない。つまりだいたいこれ以上の売上を無理せず安定して出すのは結構難しい限界値だと言うことです。だからもしもこれ以上の売上が必要になったとき、そしてもしもぶっ倒れたり、事故が起こったりしてサロンで働けなくなり収入が完全にゼロになったとき、後悔するハズです。「少しでもサロンワーク以外の収入源を作っておけば良かった」と。明日は我が身です。そうならないためにも、限界値以上の売り上げが必要になってしまう前に、何か事故が起こってしまう前に、つまり、忙しいとはいえ働けている今のうちに、サロンワークとは別の収入の柱を少しだけでも作ってしまうことが必要と考えます。

この美容師史上最強の働き方戦略は、できる限り労力をかけずに売上を上げていく手法なので体力の限界ギリギリまでサロンワークをしなくても、時間とお金に余裕ができます。副業を教えている人は世の中にごまんといますが、その人たちは美容師の現実、あなたの悩みを知りません。あなたと同じ美容師としてあなたの悩みを深く理解して、それを解決するためにサロンワークに頼らないで売上を上げる方法を教えているのは世の中に私しかいません。ここまでお話ししてきたように、サロンワーク以外の収入の柱を作ることで、価格競争と集客地獄に巻き込まれることなく、美容師のハンデを抱えずに仕事が出来て、仕組みで労力を最小限にして売上を上げることができます。だから様々な悩みの根源である時間とお金の問題が一気に解決できる、美容師史上最強の働き方戦略なのです。なぜ、私ができるようになったのか?少しだけ私の話をさせてください。

特別何か副業をやろうと考えることもなく、漠然と将来に不安を抱えていた程度で、普通にひとりサロンを経営していました。そして家族を持ったことで収入を伸ばそうと色々しましたが結局、売上を伸ばす方法がサロンの営業時間を延ばすことしか思いつかず、疲労で体調を壊しぶっ倒れました。家族のためにお金を作るつもりが逆に働けなくなってしまい、サロンワークの限界を感じました。そして限界のあるサロンワーク以外の収入を得るため、WEBマーケティングなどをそれぞれの分野のプロから学んで副業をはじめました、そこで学んだスキルを使っていく内に徐々に副業の売上を伸ばしていき、1年でサロンとは別に月収100万円という結果が出始め、サロンワークの売上を超し始めました。その間、サロンの休みを、平日休み1日から、日曜祝日の2日、さらに平日の休みを加え3日と増やしていく余裕すらでてきたのです。と同時に自己投資と実践、そしてスキルをクライアントに教えていくうちにどんどん洗練された形になっていきました、サロンワーク以外で年商1200万稼げるようになりました。そのエッセンスをあらためて抽出することで、副業初心者の美容師のあなたでも、月商10万から50万を稼ぐ方法をお伝えできるようになったのです。

美容師以外の収入の作り方とは?

では、どうやってサロンワーク以外の収入の柱を作るのか?ステップバイステップで簡単に解説します。

1)商品作りあなたの経験から独自の商品を作ります。

2)自動で信頼関係を築いてくれる仕組みを作るお客さんにどれだけ必要な商品でも信頼できない人から売られたら怖くて買えない。だから売る前にお客さんにとって価値のある動画などを配信して信頼関係を築く。また同時に商品が必要だと感じるように設計しておき、それをステップメールと呼ばれるWEBの仕組みで自動化する。

ここまでが準備になります、ここからが、直接お客さんとやりとりして商品を売るための行動になります。

3)集客する←SNSや有料広告などを使ってお客さんに興味を持ってもらい、先ほど作った信頼関係を構築する仕組みに入ってきてもらいます。

4)販売する(これも自動化可能)集客して、信頼関係が築けたら商品を販売し価値を提供することでお金をもらってお客さんの悩みを解消していく。

というように詳しい手法はまたお伝えしますが、美容師がサロン以外の収入の柱を作る4ステップは

1)商品作り

2)自動で信頼関係を築いてくれる仕組みを作る

3)集客する

4)販売する(これも自動化可能)

だということをお伝えしました。では、一度ここまでお話ししたことを簡単にまとめていきたいと思います。サロンワーク以外の収入の柱を作る美容師史上最強の働き方戦略を使えば、価格競争と集客地獄に巻き込まれることなく、ひとりサロン美容師のハンデを抱えずに仕事ができ、月10万~50万がほぼ自動で入ってきて、お金と時間の問題が一気に解決する。

あなたの経験を商品にするので、新しい技術の習得等は基本的に不要で、独自のブランドを確立できる。収入をサロンワークに依存しないので、売上至上主義から抜け出し、本当にやりたい理想のサロンワークをやっていける。ということをお伝えしました。この記事でお伝えしている手法は、ひとりサロン美容師の方のお悩みを根本的に解決できる非常に価値あるコンテンツだと自負していますが、なぜ、そのようなコンテンツを無料で公開しようと思ったのか?といいますと、「時間かお金かという究極の二択」を迫られて苦しんでいる美容師の方に、もっと別の道があると知ってもらいたいと自分の経験から思っているからです。 またどこの誰だかわからない宇留間という美容師のこともまずは知ってもらうことが必要と思っています。それは、いきなり何かを案内しても信用してもらえないので無料でも価値あるコンテンツを出してあなたの悩みを少しでも解決することで、信用してもらえたらと思っているのです。

私はひとりサロンをやりながら失敗ばかりしてきましたが、この戦略を使ってサロンワーク以外の収入がほぼ労力を掛けずに手に入るようになった時人生が変わり始めました。そんな体験をする事が出来た素晴らしい手法なので苦しい思いをして将来のことを不安に感じている多くの美容師の方に知ってもらいたい。そして私と同じように人生を変えて欲しいと思っています。

商品作りから販売までの4つの詳しいステップを解説

ここからは、サロンワーク以外の収入の柱をどのように作るのか、先ほどお伝えした、商品作りから販売までの4ステップについてさらに詳しくお伝えします!この4ステップを説明する通りに実践してもらえればそれだけでも結果が出てしまう非常に効果的な内容になります。それでは美容師史上最強の働き方戦略として、サロンワーク以外の収入の柱を作るための全体像をより詳しく、ステップバイステップでお伝えします。

美容師は、売上のためにたくさんのお客さんを集客して、11でたくさんのお客さんを接客する必要があるのに、ひとりサロン美容師は接客できる人数に時間的、体力的な限界があります。さらに店舗の固定費や事務作業する時間などもすべて自分が負担するのであくまでビジネス的な視点で見れば、ひとりサロン美容師であることは消せないハンデなんですよね。なのでハンデを抱えながら価格競争が激しく、労力の割に限界のあるサロンの売上に依存し続けるのではなく、美容師としての自分独自の商品と自動化の仕組みを作り、サロンワーク以外で収入の柱を手に入れること、これが美容師史上最強の働き方戦略です。

その仕組みまで作りきってしまえば頑張らなくても月10万~50万、それ以上のゆとりがつくれるようになります。だから売上をサロンワークに頼らなくてよくなり、時間に余裕ができます。つまり美容師の様々な悩みの根源である時間とお金の悩みを一気に解消できます。ここまでではそんな話をしてきました。

ここからは、サロンワーク以外の収益の柱を作る方法をより具体的にお伝えします。全部で4ステップです。

1)あなただけの独自商品を作る

2)自動で信頼関係を構築する仕組みを作る

3)集客する

4)販売する

それでは、4つのステップを1つ1つ見ていきましょう。4つのステップは、それぞれ本格的に話し出すと、数時間かかっても足りない深いテーマなので、今回は収益の柱を作るという点に特化して、絶対に外せないポイントだけ凝縮してお話しします。

あなただけの独自商品を作る

あなたの経験を掘り起こして棚卸しして、組み合わせて価値のある商品にします。たとえば、あなたがやってきたことでちょっとしたことで店舗の固定費を抑えられたこととか、リピート客を増やせたこととか、そういった経験があればサロンオーナーに限らず買っていただける商品にしやすいですよね。今、商品にしやすい経験がない気がしていても、引き出してみれば案外あるものです。どうしても引き出せなければ、本を5冊も読んだらその分野の専門家になれるので、それらの知識をあなたなりにまとめてみるのも手です。私の講座では、最初にこの作業をマンツーマンでやりきります。実は自分の経験を客観視して価値を見いだす作業は意外と難航するのですが、人に引き出してもらうと簡単にできたりします。また、どうしても商品になりそうな経験がない人専用の裏技も用意しているので、現時点で商品がなくてもご安心ください。そして、商品を作るとき大事なのが、単価をできるだけ高く設定することです。できれば数十万。単価を高く設定することに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、単価が高くても、その単価以上の価値を提供すれば大丈夫ですし。むしろ「その価格じゃ全然安いよね!?」と思えるくらいに価値を詰め込むことができるはずです。

もしかすると「高単価のものを売ったら責任が重そう」というイメージがあるかも知れませんが、では逆に低単価のものを売った時には責任が軽いのか?というとそうでもないですよね。単価が高くても低くても、その単価以上の価値を提供することが重要なのは変わらないわけです。それなら、しっかり価値を提供できるようにして、少ない顧客で多くの売上を上げることが出来る高単価商品の方が絶対に良いです。ちなみにこれは本質的な方法なので、あまりオススメはしませんが、やろうと思えばサロンワークにも応用できます。私は以前、サロンメニューを組み合わせて高単価フルメニュー化することで合計90万のところを20〜30万円にして髪質改善メニューを数十本販売し累計数百円の売上を上げたこともあります。ただし現在はそのメニューの販売はしていません。なぜかというと、結局はサロンワークの延長線上にあるサービスなので、11人にかける時間が長いことは変わりなく、実はそこまで効率的ではないためです。なのでお勧めはしませんが、どうしてもサロンワーク以外の商品でいきなり試すのが怖いという方は試してもらっても良いかと思います。

自動で信頼関係を構築する仕組みを作る

商品を作ったら、次は信頼関係を築いていきます。ビジネスでは、商品に興味はあるが、まだ購入していない未来のお客さん(=見込み客という)と信頼関係を構築していく必要があるのです。そう聞くと、来店されたお客さんならまず確実にお金を払ってくれるサロンワーク一本でやってきた方にとってはまだ商品も買ってくれていないのになぜ信頼関係を作るのか?どうやって作るのか?ということが、もしかするとイメージがわきにくいかと思いますので、少し重点的に説明します。

まず、なぜ見込み客と信頼関係を構築する必要があるのかについてご説明します。結論から言うとお客さんは信頼する相手からしか商品を買おうと思わないからです。あなたの商品を必要としている人はインターネット上に必ずいます。でも、あなたの商品が良質で、どれだけその人にとって必要でも、見ず知らずの人からいきなり高額な商品を案内されて、「うわ、買いたい!」と思ってくれるお客さんは非常に稀です。あなたとの信頼関係を築けていなければその人は買ってくれないのです。では、信頼関係をどう構築するのかについてご説明します。結論から言うと、一番の近道は価値提供です。価値提供とはたとえば、「あなたのこんな悩みは、実はこれが原因だから、こういう順番で行動すれば解決する!」と言ってお客さんの現状から理想の未来への階段を提示するような、お客さんにとってとても価値のある動画などを、まず無料でプレゼントしていくのです。

すると、「この人のこと知らないからちょっと怪しいけど、興味ある内容だし、無料なら見てみようかな」と思ってくれる人がいます。そして「この人の動画は無料なのにやってみたら悩みが解決された」とか「この人は正直で、正しいことを仰る方だなあ」と感じてもらうことが積み重なることで信頼関係が築かれていきます。だんだん「この人の紹介する商品なら間違いないだろうな」とか「この人からちゃんと学んでみたい」とか思ってくれるようになるのです。ポイントは、何よりお客さんの立場でわかりやすいように、専門用語を使わないことと、ノウハウなどを全て隠さず伝えるということです。

「全て伝えたら売るものがなくなっちゃうんじゃないの?」と思うかも知れませんがそれは逆で、「こんなに価値のあることを無料で隠さず教えてくれるなんて、有料講座を受けたら私どうなっちゃうの?ワクワク」と思ってもらうのです。では、その信頼関係の構築は、11人手間を掛けてやらないといけないのかというとそうではないんですね。ここで出てくるのが仕組み化、自動化です。具体的には、メールアドレスを登録してくれた人に配信設定したメールを自動で順々に配信してくれる「ステップメール」というシステムを使えば簡単にできます。価値のあるあなたの動画やメールが自動で配信されるように設定しておけば、あなたが寝ている間でも、勝手に信頼が蓄積されていきます。これが信頼関係構築の仕組化、自動化です。そして、価値提供をしながら、それと同時にお客さんの悩みを解決する一番の方法があなたの商品だとお客さんに伝わるように配信していくとより効果的に商品が売れるようになります。今まさに私がやっているやり方ですね。

私のやり方の裏側をお伝えしますと、まずは、美容師の方の悩みである時間とお金の両方を手に入れる方法を無料動画で全てお伝えして、これをやれば悩みが解決できるな、と思ってもらいます。そしたら、これで1人でも実践できるくらい知識は充分伝えたけど、その商品と仕組みを実際に僕と一緒に作り上げて実践することで悩みを解決しましょうよ、ということで最後に商品を販売するということですね。もちろんメールや動画を途中で観なくなる人もいますが、私たちが気にするべきはそっちではなく、最後まで見てくれる人ですね。むしろ、人数が少なくなるにつれて濃いお客さんしか残らなくなるのでその後の商品販売が非常に楽になります。商品を作って、自動で信頼関係を築く仕組みを作る。

ここまでが、準備です。先にお客さんの受け皿となる仕組みと、その仕組みの先で販売したい商品を作りました。言葉としては「準備」ですが、ここまでで全体の80%は完了しています。ここからは、実際に受け皿の中にお客さんを集め、販売して貯めた信用をお金に変えるという流れを説明します。

集客する

仕組み化されたステップメールは、「メールアドレスを登録してくれた人に」価値提供をしてくれます。だからここでの集客とは、一言で言えば「お客さんにメールアドレスを登録してもらうこと」です。しかし、メールアドレスって個人情報なので、それを登録するという行動をとってもらうには、結構興味を持ってもらわないといけないわけです。そのために、第一印象で見込み客の興味をひくような表現を使って「コンセプト」を練る必要があります。コンセプトって言われてもピンとこないかも知れませんが、たとえば私の一つのコンセプトは、「サロンワーク以外の収入の柱を作る美容師史上最強の働き方戦略」ですし、iPodCMに使われていた「1000曲をポケットに」とかも秀逸なコンセプトですよね。「これが知りたい方は今すぐ無料でメールアドレス登録してください!」ということですね。

コンセプトは数字を入れたり、具体的なノウハウを伝えたりすると反応が取れやすくなる、と言われていますが、正直同じ商品でも色んな切り口で表現を練れば無限に作れてしまうので、まず1つ作って発信してみて、反応が取れなければ修正するというやり方が良いかと思います。そうしたコンセプトをインターネット上で見込み客に届けるためには、あなたの集客メディアが必要になります。集客メディアとは具体的に言うと、無料であればSNSやブログやYouTube、有料であればFacebook広告やPPC広告といったものがあります。お勧めは有料広告です。なぜなら毎日コツコツ発信しなくても、勝手に興味を持ちそうな人に届けてもらうような設定がそこまでお金を掛けずに出来るためです。今はとにかく、「広告等でコンセプトを発信してお客さんに興味を持ってもらい、メールアドレスを登録してもらう」と考えてください。

販売する

今までの流れを見込み客の目線でおさらいすると、SNSとかを見ていたら、広告で面白そうな企画をやっていた。コンセプトが怪しいけど、無料だし、何より興味あるので登録してみたとします。すると毎日届くメールとか、たまに届く動画がすごく内容が濃くて、この人信頼できそうだし、この通りにやれば本当に悩みが解決されそうな気がする。というように信頼関係を構築するという、そんな状態になっているわけです。ここまで来た時に初めて「ここまで無料で伝えた方法を自分1人で実践することで悩みを解決する道もあるけど、充実のサポート環境を整えてから一緒にやりませんか?」とか見込み客が欲しい商品を販売していきます。この商品の大枠はステップ1で作ってますが、大事なのは実は、「あなたが出来ることを売る」のではなく、「見込み客がお金を払ってでも手に入れたい未来を、あなたが出来ることを使って実現していく」ことなので、商品の修正や作り込みは、見込み客の意見を聞きながら販売の直前くらいでやります。もしかしたら高額なお金をもらうことに抵抗があるかもしれませんが、あなたの商品が本当にお客さんにとって本当に価値のある、良い商品であればあなたの商品を買ってくれないと、そのお客さんを救うことができないんです。その結果、お客さんは悩みを持ち続けてしまうので、どこかでなんかしょぼい商品を買わされ、解決しないことを繰り返す。そんなのは、あなたもお客さんも不幸ですよね。

だからセールスが必要なのです。「セールス」という言葉には悪いイメージが付きまとうことが多いですが、あなたはどんなイメージを持ちますか?もちろん、しょぼい商品を誰彼構わず売る人からすれば「セールス=無理矢理な売り込み」ですが、お客さんにとって必要な商品を、興味もってくれた人にだけ売るあなたにとっては「セールス=お客さんの問題解決」となるのです。しかし、お客さんは、その人にとって絶対に必要な商品だとしても、伝え方がまずいと必要だと思ってくれず、買ってくれません。今を逃すと、一生悩みが解決しないまま辛く過ごすことになるのに、「お金がない」とか「時間がない」とか「私にはできない」とか、後付けの理由で言い訳してしまうのです。だから、私たちの方から、理想の未来への行動を後押しすること、誤解を恐れず直接的に表現すると、「言い訳をつぶしていくこと」が必要です。具体的には、

・わかりやすい商品名

・商品のメリット

・期限付きの値下げ

・お客さんの悩みを解決できる理由

・特典

といったものをお客さんに提示して、「お金を払ってでも理想の未来のためにその商品が欲しい」と思ってもらうのが、セールスの方法です。これらによって、商品の価値を上げ、お客さんに欲しいと思って買ってもらい、お客さんの問題を解決することで、結果的にお金をもらうことができます。そんな中、セールスでよく陥りがちな罠の1つとしては、・自信がなくて値段を下げてしまうという事があります。ただでさえ高額なのに、自信すらなかったら余計不安になって買いたくないわけです。そして本当にいい商品だと自分が理解して自信を持つことがここでは本当に大事な事なんですよね。

具体的には、お客さんが得られる未来はどのくらいの価値があるのかを理解して、その実現のために過剰サービスする意識で商品を作ってみる。その特典や講座内容などを一旦、一つ一つに分解して、それぞれに個別で値段を付け、それをもう一度足し合わせてみること。すると、あなたの商品を全部込みでその値段で買えるなんて安すぎないか?くらいに思えてくるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は美容師史上最強の働き方戦略としてサロンワーク以外の収益の柱を作る時の4ステップ

1)あなただけの独自商品を作る

2)自動で信頼関係を構築する仕組みを作る

3)集客する

4)販売する

このそれぞれのステップについて絶対に外せないポイントに絞って凝縮してお話ししました。ここからはいよいよあなたの独自商品とWEBの仕組みを構築するためのステップになっていきます。

「サロンワーク以外の収入の柱を作る美容師史上最強の働き方戦略」では、ほぼ自動で永続的に売上が上がる サロンワーク以外の収入の柱を作ることで、 美容師の永遠の悩みである 時間とお金の問題を一気に解決して、理想のサロンワーク、理想の人生が送れる。しかも、サロンや自宅でのスキマ時間でできる作業ばかりだから 忙しい美容師の方でも作ることができ、 最初は少し大変でも一旦作りきってしまえば どんどん忙しさを緩和してくれる。という方法を「美容師史上最強の働き方戦略とは何か」についてと、 「どういうステップで収入の柱を作るのか」 という話をしてきました。

最後になりましたが、ここまで美容師史上最強の働き方戦略についての私の考えや思いをお読みいただきありがとうございました。

本気で人生を変えたい方、生き方を変えるには、まずは働き方を変える事が最短の方法だと思います。是非、美容師の働き方にこの戦略を取り入れてみてください。ここまで読んでくれたあなたにとっての最強の働き方戦略を見つけるキッカケになれたら幸いです。

それでは、ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

IT美容師ウルマ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

コメントを残す